ソフトバンクで「MNP予約番号」を今すぐ発行しよう!取得手続き完全ガイド

2018年4月23日ソフトバンクの各種手続き

ソフトバンク「MNP予約番号」

ソフトバンクユーザーの皆さんが他の携帯電話会社へMNP(ナンバーポータビリティー)を利用して電話番号そのままで移行するためには「MNP予約番号」の発行手続きが必要。

ここではソフトバンクから「MNP予約番号」を発行する方法はもちろん、有効期限や取得時に知っておくべきポイントを分かりやすく図解していきます。

ドコモからの発行方法はこちら

auからの発行方法はこちら

ソフトバンクからMNP予約番号を発行する方法

ソフトバンクでは下記のいずれかの方法でMNP予約番号の発行が可能です。

ソフトバンクからの発行手続き方法は電話・ショップ・ガラケーからの3種類

1.電話で発行(オススメ)
発行手数料:無料
ソフトバンクの窓口に電話し、オペレーターから発行してもらう方法。このやり方が一番簡単で早く取得できるためオススメです。電話からの手続き方法へ
3.ソフトバンクショップで
発行手数料:無料
街で良く見かけるソフトバンクの販売店「ソフトバンクショップ」に直接来店して発行してもらう方法。待ち時間などの手間を考慮するとオススメできません。
シンプルスタイル(ソフトバンクのプリペイド携帯)をお使いの方は、ソフトバンクショップでしか発行手続きができません。ソフトバンクショップからの手続き方法へ
2.ガラケー(3Gのみ)から
発行手数料:無料
3Gのガラケーをお持ちの方はソフトバンクの会員向けサイトMySoftBankの携帯(ガラケー)版にログインして取得が可能。この方法は対象者がかなり限定されますので当記事ではあまり詳しくは紹介しません。ゴメンナサイ!3Gガラケーからの手続き方法へ

MNP予約番号とは?

MNP予約番号の基礎知識

MNP予約番号とは、その名称の通り10ケタのナンバーです。同じ電話番号を別の会社でも使えるようにするための整理番号のようなものと思ってもらってOK。

MNP予約番号とは?10ケタの番号。

MNP予約番号は現在契約中の会社へ発行を依頼する必要があります。ソフトバンクを利用している皆様の場合はMNP予約番号の発行依頼をソフトバンクの窓口から行いましょう。

ソフトバンクから予約番号を発行した後に他社で提示する

そして新しい会社での契約手続き時に番号を提示する、という流れになります。

MNP予約番号の有効期間

15日間の有効期間がある

MNP予約番号の有効期間は発行された日を含めて15日(約2週間)です。新しい会社での契約手続きはこの間に行うようにしましょう。もし有効期限が過ぎてしまった!という場合はもう一度発行してもらえば良いだけなので安心してください。

MNP予約番号を取得するタイミング

なるだけ手続きの直前に

MVNOやオンライン契約の場合、契約手続き開始時に残りの有効期限が10日程度ないと原則契約できないといった会社もありますので、手続きする直前(前日など)にソフトバンクから取得しておくのが確実かと思います。

ネット契約の場合、手続き~開通までに数日かかる可能性も考えられますので、有効期間に余裕がある状態で手続きをはじめると良いでしょう。

発行するだけなら「解約」にはならない。

ソフトバンクでMNP予約番号を発行した時点で解約になってしまうんじゃないか・・と不安に思われるかもしれませんが、乗り換え先の会社に提示しない限り解約にはなりません。

新しい会社での利用が始まるタイミング、つまり電話が開通した時点でソフトバンクの解約となります。

有効期限が過ぎると自動で無効に

予約番号を新しい会社に提出しないまま有効期限が過ぎてしまった場合は、その番号は自動的に無効となるだけなのでMNPするか迷っている場合でも気軽に取得して全く問題ありません。

ソフトバンクでの「解約手続き」は特に必要なし

新しい会社を契約して回線が切り替わると自動的にソフトバンク側で解約の処理が行われため、特にソフトバンクで解約の手続きをする必要はありません。

手数料はかかる?

番号の「発行」にかかる手数料は無料。

MNP予約番号を「発行」することに対しての手数料はかかりません。何度発行したとしても無料です。ただしMNP成立時に発生する手数料があります。

MNP成立時にかかる手数料

他社へのMNPが成立(開通)した場合に「MNP転出手数料(3,000円)」が必要になります。(支払いに利用していた口座やクレジットカードなどから引き落とし)

ソフトバンクから他社にMNPを行う場合に必要な手数料は次の通りです。

MNPに必要な手数料
手数料の名目 支払い先 料金
MNP転出手数料 ソフトバンク 3,000円
契約事務手数料 転出先の会社 3,000円
契約解除料(解約金)※更新月に解約または解約金のかからないプランに加入の場合は不要 ソフトバンク 9,500円
おすすめの発行申し込み方法は「電話」

電話からの申し込みが最速かつラクに発行・取得できる方法です。オペレーターの対応にもよりますが大体10分前後で発行可能。

ではそれぞれ手順を詳しくご紹介していきましょう。

1.電話で発行する方法

電話でGETする方法

電話でのMNP予約番号の発行申し込みは下記の2つの窓口がありますが、ほとんど違いはないので好きなほうを選んでください。

申し込み窓口

MNP専用窓口(カスタマーサポート)から

受付時間:9:00~20:00

ソフトバンクの携帯電話から
局番なしの*5533(通話無料)
ソフトバンク以外の携帯電話・PHS・固定電話などから
0800-100-5533(通話無料)

「MNP専用窓口」からの発行手順

※契約内容によってはプッシュする番号が異なる場合があります。

  1. 上記の番号に電話すると音声ガイダンスが流れます。「電話が混み合ってます」と言われる場合もありますが、かまわず進みましょう。
  2. 1番「予約番号の発行」の項目でプッシュ。
  3. ソフトバンクでお使いの電話番号(乗り換えたい番号)をプッシュします。ずっと待っていればオペレーターにつながります。
  4. ネットワーク暗証番号を入力します。(本人確認がスムーズになりますが、忘れてしまった場合は、そのまま待っていればオペレーターにつながります。)
    ネットワーク暗証番号はソフトバンク契約時に自身で設定した4ケタの番号です。
  5. オペレーター登場!「予約番号の発行手続きをお願いします」と伝えましょう。
  6. 電話番号や住所など本人確認のための契約者情報の確認があります。
  7. MNPに必要な費用(解約金・手数料)について説明をされます。また、ソフトバンクを転出する理由なども聞かれるかと思いますので、はっきり答えてOKです。
    ※場合によってポイント進呈などの提案がありますが、意思が固まっているならキッパリ断りましょう。しつこい引きとめ等はほとんどありません。
  8. これで完了!番号はSMS(ショートメール)に対応していれば自分の携帯電話に送信してもらえます。念のためにメモも取っておきましょう。

ソフトバンク総合案内窓口から

受付時間:9:00~20:00

ソフトバンクの携帯電話から
局番なしの157(通話無料)
ソフトバンク以外の携帯電話・PHS・固定電話などから
0800-919-0157(通話無料)

「総合案内窓口」からの発行手順

※契約内容によってはプッシュする番号が異なる場合があります。

  1. 上記の番号に電話すると音声ガイダンスが流れます。「電話が混み合ってます」と言われる場合もありますが、かまわず進みましょう。
  2. 4番「携帯電話番号ポータビリティー」の項目でプッシュ
  3. 3番「携帯電話番号ポータビリティー」の項目でプッシュ
  4. ソフトバンクでお使いの電話番号(乗り換えたい番号)をプッシュします。ずっと待っていればオペレーターにつながります。
  5. ネットワーク暗証番号を入力します。(本人確認がスムーズになりますが、忘れてしまった場合は、そのまま待っていればオペレーターにつながります。)
    ネットワーク暗証番号はソフトバンク契約時に自身で設定した4ケタの番号です。
  6. オペレーター登場!「予約番号の発行手続きをお願いします」と伝えましょう。
  7. 電話番号や住所など本人確認のための契約者情報の確認があります。
  8. MNPに必要な費用(解約金・手数料)について説明をされます。また、ソフトバンクを転出する理由なども聞かれるかと思いますので、はっきり答えてOKです。
    ※場合によってポイント進呈などの提案がありますが、意思が固まっているならキッパリ断りましょう。しつこい引きとめ等はほとんどありません。
  9. これで完了!番号はSMS(ショートメール)に対応していれば自分の携帯電話に送信してもらえます。念のためにメモも取っておきましょう。

2.ショップで発行する方法

ソフトバンクショップ

ソフトバンク機種の販売代理店「ソフトバンクショップ」でも発行は可能ですが、正直こちらの方法はオススメしません。お店に行く手間はもちろん、状況によってはかなり待たされる可能性があります。

お近くのソフトバンクショップに来店し、担当者に「MNP予約番号の発行をお願いします」といえば対応してもらえます。その際、下記の書類が必要になります。

必要なもの
  • 免許証などの本人確認書類

必要書類は手続き先のショップに事前に確認してください。お使いの携帯電話もお持ちになったほうが良いでしょう。

3.ガラケー(3G)から発行する方法

3Gケータイ

受付時間:9:00~21:30

3Gケータイをお持ちの方ならソフトバンク会員用サイト「MySoftBank」からも発行ができます。つまりガラケー以外(4Gケータイやスマートフォン)を利用中の方はこの方法は使えません。

  1. お手持ちのガラケーにある「Y!」ボタンをぽちっと押してYahoo!ケータイの画面を表示します。

  2. Yahoo!ケータイ画面上部の「設定・申込」を選択。

    ソフトバンクのガラケー画面

  3. 次の画面で「各種変更手続き」を選択します。

  4. 手続きを進めていけば完了!番号はSMS(ショートメール)に対応していれば自分の携帯電話にメール送信できます。

この記事のまとめ

それでは当記事のまとめです。

  • ソフトバンクから他社へMNP(ナンバーポータビリティ)を行うにはソフトバンクから「MNP予約番号」を発行した後、新しい会社での契約時に提示することでお使いの番号そのままで乗り換えすることができます。
  • 発行方法は電話・ショップ・ガラケーからの3種類。
  • 予約番号の有効期限は発行日から起算して15日。その間にMNPを行わないと番号は無効となりますが何度でも再発行ができるし、手数料もかかりません。
  • MNP予約番号の取得タイミングはMNP(乗り換え)の手続き直前がベターです。

さようならSoftBank。さらばPepper。

ここまでお読みくださりありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

スマホ・ケータイでより良い生活を!

Posted by nui