auのスマホ料金の「しくみ」を理解できるガイド。初心者向けに各プランを図解!

2018年3月30日auの料金プラン

スマホ料金の仕組みを分かりやすく解説するシリーズ。

記念すべき1回目は「au」編です。

自分にとって最適なプランを見つけるための知識は必要ですが、携帯電話の料金プランって複雑でウンザリしますよね。。

ここではそんな方のために、auの超複雑な料金プランをスマホ初心者向けに少しでも分かりやすく解説していきたいと思います。

これからauへの契約をお考えの方はもちろん、利用中のプランの見直しをする場合にもぜひ知っておいていただきたいです。月々の明細も見やすくなるはず。

最後には月額料金のシミュレーションにも挑戦してみましょう!

auスマホ向け料金スタイルは4種類

まず最初に決めるべきプランの大枠をここでは「料金スタイル」と呼ぶことにします。現在auの「スマホ向け」の料金スタイルは下記の4種類があります。

auの「スマホ向け」料金スタイルの種類

従来の「データ定額・LTEプラン」に加え、新料金スタイルの「ピタット(フラット)プラン」が仲間入りしています。

auのスマホ向け料金スタイル一覧
データ定額 「定額の通話」「定額の通信(1~30GB)」の組み合わせ
例:カケホLTE NETデータ定額5GB
LTEプラン 「かけた分だけ通話」「定額の通信」の組み合わせ
例:LTEプランLTE NETLTEフラット
auピタットプラン(NEW) 「通話と通信がセット」従量制定額(使った量で変動)のプラン
例:「auピタットプラン(カケホ)」※カケホ+従量制定額のセット
auフラットプラン(NEW) 「通話と通信がセット」定額のプラン
例:「auフラットプラン20(カケホ)」※カケホ+定額20GBのセット
従来プランと新料金プランの違いは?

違いをざっくり言うと、従来の「データ定額・LTEプラン」は端末に応じて一定額の割引(毎月割)を適用することができます。

それに対し新料金プランは毎月割が利用できない代わりにプラン(通信料)自体の料金を安くしています。これは「分離プラン」と呼ばれていて今後はこの方式が主流になっていくようですね。。

auのスマホ料金の「中身」を知ろう

auの月額料金の中身(内訳)を見ていきましょう。(auに限らずドコモやソフトバンクの場合も基本的に同じです)

これだけでも覚えておいて!au料金のキホン!

携帯電話の料金の基本は次の4項目です。

①通話料②通信料③LTE NET④機種代

auのスマホ料金の中身

auでは料金スタイルごとの①通話プランと②通信プランが用意されていて、それぞれの組み合わせ方があります。

他にも条件によってオプション料や割引など発生しますが、まず押えるべき要点はこれだけ。これらの組み合わせで月額料金がすぐ算出でき、auの料金の内容が分かりやすくなります。

ピタット(フラット)プランは少し特殊

上の図からもわかる通り、auの新料金スタイルのピタットプランとフラットプランは、通話料・通信料・LTE NETが1つに合体した料金になっています。

ピタット(フラット)プランについて

それぞれの項目を見ていきましょう!

①通話料とは

通話

通話料は「通話のための料金」のこと。

通話料は基本使用料とも呼ばれます。auの通話プランは利用スタイルに応じて用意されており、大きく分けて以下の種類があります。

auのスマホ向け通話料プラン「カケホ・スーパーカケホ・LTEプラン・シンプル」

カケホ

auの「カケホ」は完全に定額(かけ放題)の通話プラン。何時間通話しても何回かけても通話料金は同じです。

長時間の通話が多い人におすすめ。ひと月の通話時間が1時間を越え、さらに1回あたりの通話も長めの人はこちらを検討してみてください。

カケホの料金 2,916円/月
2年契約未加入だと4,536円

相手からの着信を受けた場合は通話料は不要です。

スーパーカケホ

auの「スーパーカケホ」は一定時間内の通話に限り定額のプラン。5分以内の通話であれば何回かけても料金は一定ですが、5分を超過すると時間ごとに料金がかかるしくみです。

通話する頻度は多いけど通話をサクッと済ませられる人におすすめ。ひと月の通話時間が1時間を越え、1回あたりの通話が短い方はこちらを検討してみてください。

スーパーカケホの料金 1,836円/月
2年契約未加入だと3,456円

相手からの着信を受けた場合は通話料は不要です。

LTEプラン

auの「LTEプラン」は通話した時間に応じて利用料がかかります。全く電話をかけなかった場合、その月の通話料金は0円です。(ただし利用料金はかかります。)

ネットやメールなどの利用が主で通話をほとんどしない方や、au同士での通話(午前1時~午後21時まで無料)が多い方におすすめ。

LTEプラン料金
通話料 利用料
au携帯へ発信 1:00~21:00
無料
21:00~1:00
30秒ごとに20円
934円
2年契約未加入だと1,868円
au携帯以外へ発信 30秒ごとに20円

プラン利用料は通話時間にかかわらず支払いが必要になりますのでご注意を。また相手からの着信を受けた場合は通話料は不要となります。

シンプル

シンプルは、「かけた分だけ料金がかかる」という点ではLTEプランと同じですが、auの新料金「ピタット(フラット)プラン」専用の通話プランになります。

ピタット(フラット)プランについて

2年契約(誰でも割)

実は、上で紹介した通話料金は「2年契約(誰でも割)」適用後の金額になっています。

2年契約(誰でも割)は、簡単に言うと「auで2年間使うことを誓います!」という契約。別名「2年縛り」といわれるもので、契約して2年以内または3年目以降の更新月以外に解約した場合は契約解除料(つまり違約金)9,500円を取られます。

その代わりに、加入すると通話料から毎月1,500円(LTEの場合は50%)の割引があります。

auショップなどで契約すると、何も言わなければ当たり前のように加入させられてしまいますので、ほとんどのユーザーが加入しているはず。

②通信料とは?

データ通信

通信料は「データ通信にかかる料金」です。メール・ネット・アプリなどで通信を行う際、データの量に応じた料金がかかります。これには通話料と同じく、料金が一定(定額)のプランと、使った量で料金が変わるプランがあります。

GBって?データ通信についてのおさらい

まずデータ通信、データ定額とは何か?を分かりやすく解説しましょう。

データの容量(GB)とは

GB(ギガバイト)とはデータの量を表す単位。データ定額を契約した場合はひと月あたりに使えるデータの量(在庫)が決められており、その範囲内であれば自由に使うことができます。

小容量(1~3GB)はライトユーザー向け

データ容量(GB)が少ないと、届けられるデータの 「在庫」が少なめ。

容量(GB)が少なめな1~3GBあたりのプランだと、すぐ在庫切れ(速度制限)になる恐れがあります。ただしメールやネットを少し利用する程度のライトユーザーなら問題ありません。

大容量(20GB~)は動画視聴などガッツリ使う人向け

データ容量(GB)が多いと、多く(長く)データを 届けることができる。

近年、auをはじめ大手キャリアでは20~50GBの大容量プランを手軽な価格で提供。GB(在庫)が大きいほど多くの商品(データ)を届けることができ、動画視聴など多くのデータが必要なサービスでも在庫切れの心配なく利用することが可能となりました。

「速度制限」には要注意!

データ容量(GB)を使い切ると、ほとんど届けることが できない(速度制限)

倉庫の在庫が空になる(契約している容量以上に使ってしまう)と、注文(あのサイトが見たい!など)があってもすぐ荷物を運ぶことができなくなります(通信速度が低下)。これがよく言われる速度制限です。ただし全く通信が出来なくなるわけではありません。

速度制限されてしまったら

速度制限されると翌月までは通信速度が低いままです。そんな人のために倉庫(GB)を一時的に追加購入(チャージ)することが可能です。ただし0.5GBで550円1GBで1,000円となっており、正直コスパは良くありません。

ですので、なるべく速度制限がかからないよう、通信料プランを自分の利用状況に合わせて選択する。ということが重要です。

通信と通話の組み合わせ方

この「通信料」と「通話料」はプラン選択をする時に密接に関係してきます。例えばこの通話プランならこの通信プランで。といった具合に組み合わせがルール決めされているのです。

下表はauでの通信料と通話料の組み合わせルールになります。

従来の料金スタイル「データ定額・LTEプラン」の場合
カケホの場合 スーパーカケホの場合 LTEプランの場合
データ定額1(1GB)
データ定額2(2GB)
データ定額3(3GB)
データ定額5(5GB)
データ定額20(20GB)
データ定額30(30GB)
LTEフラット
新料金スタイル「ピタット(フラット)プラン」の場合
カケホの場合 スーパーカケホの場合 シンプルの場合
ピタットプラン
フラットプラン

auの通信プラン一覧

データ定額1~30

従来の料金スタイル「データ定額」で利用できる通信プラン。定額1~30GBまでの各容量が用意されています。

データ定額1~30の料金
通信料プラン 金額(税抜)
データ定額1 3,132円
データ定額2 3,780円
データ定額3 4,536円
データ定額5 5,400円
データ定額20 6,480円
データ定額30 8,640円

LTEフラット

従来の料金スタイル「LTEプラン」で利用できる通信プラン。定額で7GBまで利用できます。

LTEフラットの料金
通信料プラン 金額(税抜)
LTEフラット 6,156円

ピタット(フラット)プランの場合

↓こちらでまとめて解説しています。
ピタット(フラット)プランについて

③「LTE NET」とは

通信

auのLTE NETは通信を行うための「利用料」。通信サービスを利用するのに必要な手数料のようなものと理解しましょう。

LTE NET(エルティーイーネット)はネットやメールを利用する場合には支払いが必須。通信の回数や量にかかわらず毎月固定でかかる料金と覚えておきましょう。

LTE NET 324円/月

※他のキャリアでもLTE NETと同様の利用料があり、それぞれ名称が異なります。ドコモでは「SPモード」、ソフトバンクでは「ウェブ使用料」と呼ばれています。

④機種代金

購入したスマホ

言うまでもなく「機種の購入費用」のこと。

この項目に限っては必須ではなく、あくまでauから分割払いで端末を新規購入した場合のみ。例えば機種を自分で持ち込んだり、最初に一括購入した場合などは当然月々の支払いは必要ありません。

auで機種を新規購入する場合は「毎月割」の適用で、購入代を大幅に抑えることができます。

機種代から大幅割引!auの「毎月割」とは

auで一番有名な割引サービスが「毎月割」ではないでしょうか?申し込み不要で、適用条件を満たせば誰でも割引を受けられます。

例えば、本体価格が90,000円の機種があった場合、毎月割が適用されると最大約70%ほどの割引があり、その場合実質27,000円で購入できる計算に。(割引率は機種により異なる)

しかし注意点として毎月割は購入時に全額割引されるわけではありません。割引額は分割(24回)され、月々小出しに割引されていきます。auで2年間契約をし続けないと割引を全額受けることはできない仕組みなのです。

「毎月割」の適用条件

毎月割の適用条件は下記の通りです。

  • 通信料プラン「データ定額2~30GB」「LTEフラット」に加入すること
  • 24回払いで端末を購入すること
MNPの割引率が高い

契約種別ごと割引額が異なります。毎月割は「MNP」の場合に割引率が高くなります。

契約の種別
種別 説明 毎月割の割引額
機種変更 au契約中の方が新規端末を購入 普通
新規契約 ナンバーポータビリティ(MNP)を使用しない新規契約 普通
MNP契約 他社からナンバーポータビリティを使用してauに契約 高い
新料金スタイルに加入した場合は適用されない!

最大の注意点として「毎月割」はピタット(フラット)プランに加入した場合は適用されません。

ピタット(フラット)プラン

新料金スタイルのピタット(フラット)プランは従来の料金スタイルに比べ特殊なため少し解説したいと思います。
上で述べたとおり、auの新料金スタイルの「ピタットプラン」「フラットプラン」は通話料・LTE NET・通信料を1つに合体したものです。

ピタットプラン

「ピタットプラン」は月々のデータ通信の量に応じて段階的に料金が変動する特殊な料金システム。1GB未満~20GB未満まで月額料金が5段階に変化します。
au「ピタットプラン」の概要

料金は以下の通り。

ピタットプラン(通話料+通信料+LTE NET)の料金
通話プラン ひと月の利用量 通常料金 スマホ応援割
適用時(1年間)
カケホ
2年契約加入時
~1GB 4,838円 3,758円
~2GB 5,918円 4,838円
~3GB 6,998円 5,918円
~5GB 8,078円 6,998円
~20GB 9,158円 8,078円
スーパーカケホ
2年契約加入時
~1GB 3,758円 2,678円
~2GB 4,838円 3,758円
~3GB 5,918円 4,838円
~5GB 6,998円 5,918円
~20GB 8,078円 6,998円
シンプル
2年契約加入時
~1GB 3,218円 2,138円
~2GB 4,298円 3,218円
~3GB 5,378円 4,298円
~5GB 6,458円 5,378円
~20GB 7,538円 6,458円

ピタットプランに加入すると「スマホ応援割」が適用可能。1年間だけ1,080円の割引が適用されます。(ただし通話プランが「シンプル」の場合は対象外)

上記に機種代を加えた価格が月額料金の総額となります。

ピタットプランの詳しい解説はこちら

フラットプラン

こちらは「ピタット‥」と違い、料金が変動することなく定額で利用できます。容量は20GB/30GBの2種類から選ぶことが可能。
au「フラットプラン」の概要

フラットプラン(通話料+通信料+LTE NET)の料金
通話プラン 容量 通常料金 スマホ応援割
適用時(1年間)
カケホ
2年契約加入時
auフラットプラン20
(20GB)
8,100円 7,020円
auフラットプラン30
(30GB)
10,260円 9,180円
スーパーカケホ
2年契約加入時
auフラットプラン20
(20GB)
7,020円 5,940円
auフラットプラン30
(30GB)
9,180円 8,100円
シンプル
2年契約加入時
auフラットプラン20
(20GB)
6,480円 5,400円
auフラットプラン30
(30GB)
8,640円 7,560円

フラットプランに加入すると「スマホ応援割」が適用可能。1年間だけ1,080円の割引が適用されます。(ただし通話プランが「シンプル」の場合は対象外)

上記に機種代を加えた価格が月額料金の総額となります。

ピタット(フラット)プランの注意点

ピタット(フラット)プラン加入時は機種代金の割引サービスである「毎月割」が利用できません。機種代金を割引なしで購入しなければならず、負担も大きくなります。そこで
機種代金が実質的に半額となる「アップグレードプログラムEX」を利用することになるかと思います。

au公式ページ:アップグレードプログラムEX

月々の利用料をシミュレーション

ここまでお読みいただければ、auの料金についてある程度理解が深まったのではないかと思います。それでは実際に料金をシミュレーションしてみましょう。

他社からMNPでiPhone8(64GB)を購入した場合の試算になります。

データ定額プランの場合

料金スタイルが「データ定額」の場合は、
定額の通話(カケホorスーパーカケホ)+定額の通信(データ定額1~30)
の組み合わせになります。

月額料金表(料金は全て税込みです)
(税込)8,305円
①通話料
スーパーカケホ
1,836円
②LTE NET 324円
③通信料
データ定額5(5GB)
5,400円
④機種代
iPhone8(64GB)
3,810円
毎月割 -3,065円
契約種別がMNPの場合

ピタットプランの場合

料金スタイルが「ピタットプラン」の場合は、
通話・通信・LTE NETがセットで利用データ量に応じて5段階に変動します。

月額料金表(料金は全て税込みです)
(税込)6,488~10,808円
ピタットプラン(スーパーカケホ)
①通話料+③通信料+②LTE NET
~1GB 3,758円
~2GB 4,838円
~3GB 5,918円
~5GB 6,998円
~20GB 8,078円
④機種代
iPhone8(64GB)
3,810円
スマホ応援割 -1,080円

まとめ&おさらい

それではここまでのおさらいをしてみましょう!

料金の基本項目

auのスマホ料金の中身は以下の項目で構成されています。

①通話料②通信料③LTE NET④機種代
ピタット(フラット)プラン

新料金スタイルの「ピタット(フラット)プラン」は「①通話料・②通信料・③LTE NET」がセットになっていて、さらにピタットプランの場合は利用した通信の量に応じて段階的に料金が変動します。

auの料金スタイル

auの「スマホ向け」の料金スタイルは大きく分けて以下の4種類があります。

  • データ定額
  • LTEプラン
  • ピタットプラン
  • フラットプラン

auの割引サービス

auで覚えておくべき主要な割引は「毎月割」「2年契約(誰でも割)」です。

毎月割はデータ定額プランかLTEフラットへの加入を条件に機種代を割引くサービス。ピタット(フラット)プランに加入の場合は適用されないので注意が必要。

2年契約(誰でも割)はauで最低2年間は契約しますよ!という契約のこと。この契約で通話料(基本使用料)が大幅に割引されます。

最後に

いかがだったでしょうか?
要点だけを押えて紹介しましたが、結構なボリュームになってしまいました。。(auさん、もうちょっと料金シンプルに出来ないものでしょうか。)

この記事で「そういうことだったのか!」と少しでも理解していただければ幸いです。自分のスタイルにあった無駄のない料金プランをぜひ見つけてみてくださいね。

それではまた!

こちらも参考に!「MNPとは何か?」を分かりやすく解説中です。

Posted by nui