ソフトバンク「スマホデビュー割」終了間近!まだ間に合う初心者向けガイド

2018年5月27日ソフトバンクのキャンペーン

ラストチャンス
スマホデビュー割は新規の受付が終了しました。現在はスマホデビュー割の後継?として新料金「おてがるプラン」の提供が開始されています。

新料金「おてがるプラン」の解説はこちら。

↓終了前の「スマホデビュー割」解説


ソフトバンクではじめてのスマホを持ちたい!という方に一番おすすめしたい割引サービスが何を隠そう「スマホデビュー割」です。

名前は聞いたことはあるけど、その中身まではあまり詳しく知られていない気がしますね。しかし実はかなり優秀な割引サービスなんです。

スマホデビュー割は2018年6月28日で「新規の受付が終了」となります。それまでに加入すれば継続して特典が受けられるので早めの申し込みが必要です。

この記事では「スマホデビュー割」のサービス内容を余すところなく、分かりやすく解説していきます。加入時の料金シミュレーションもありますのでぜひ参考に!

月額1,980円~ってホント?

ソフトバンク公式で見られる「月額1980円~」の表記は、そもそも機種代金を含まない料金なので、月トータルでの金額ではありません。しかも他の条件も必要になります。(後述)

しかしそれでもメリットの大きい割引サービスであることには変わりありません。条件を満たせば、大手キャリアとは思えないような格安の維持費でスマホを持つことが可能になります。

新規受付は6月28日で終了

スマホデビュー割は2016年の12月から提供を続けてきました。ガラケーからスマホへ移行するユーザー向けの受け皿となる優秀な割引サービスですが2018年6月28日でいよいよ受付終了となります。

つまり締切日(28日)までに加入しておけばサービスが引き続き受けられるということ。

2018年6月28日

同日にはホワイトプランも受付終了となり、翌日29日からは新料金「おてがるプラン」がスタート。この日を境にソフトバンクの料金体系が大きく変わりそうですね。

ホワイトプランの詳細はこちら

スマホデビュー割の特典

2つの割引で毎月のスマホ代が格安に

スマホデビュー割の一番の特長は2つの特典(割引)が同時に受けられることにあります。

その2つの特典を同時利用することでまさに「格安スマホ」に匹敵する料金が実現します。しかも機種代金込みで。

スマホデビュー割 2つの特典

特典1:毎月2,420円の割引

スマホデビュー割に加入すると、まず毎月の料金から2,420円が割引され、しかもこの特典は機種変更orプラン変更するまでずっと適用されます。

通常、キャリアの割引サービスは1年間や2年間など割引期間が設定されています。しかしスマホデビュー割の場合、同じ機種&プランを利用し続ければずっと割引が適用されるということに。(機種も寿命があるので永久ではないですが。。)

特典2:指定の機種購入で特別割引

スマホデビュー割の対象者がソフトバンク指定の機種を購入すると、機種に応じた金額が毎月割引されます。
指定の機種と特別割引の詳細

もし、指定の機種を購入しない場合は特典1の2,420円割引のみとなりますが、それでも加入するメリットはありますので後ほど紹介します。

スマホデビュー割の対象となる条件は?

対象となる契約種別

まず大前提として契約種別利用中の機種により、対象になるかどうかが決まります。対象の契約種別は下記の3つです。

MNP

他社のガラケーからMNP(ナンバーポータビリティ)を利用してソフトバンクに転入する方。
他社ガラケーからソフトバンクのスマホへMNP

機種変更

ソフトバンクのガラケーからソフトバンクのスマホに機種変更する方
ソフトバンクのガラケーからスマホへ機種変更

新規契約

ソフトバンクに新規で契約する6歳以上18歳以下の方
6歳~18歳の方がソフトバンクに新規で契約

対象となる料金プラン

下記の料金プランの組み合わせ(通話プラン+データ定額プラン)が対象となります。

適用対象となる料金プランの組み合わせ
通話プラン データ定額プラン
スマ放題(通話無制限) データ定額1/2/5/20/50GB
スマ放題ライト(5分以内の通話無制限)
ホワイトプラン(通話した分だけ) パケットし放題フラット for 4G
料金イメージ図

通話プランに「ホワイトプラン」をチョイスした場合はフラット型のパケット定額を組み合わせる必要があります。

ホワイトプランは2018年6月27日新規受付終了となります。お急ぎください!

ホワイトプラン加入者向けガイド

全てのデータ定額が対象!

スマホデビュー割の最大のメリットとして、容量にかかわらず全てのデータ定額が対象になるという点が挙げられます。いちばん料金の安い「1GBミニ」の場合でも平等に2,420円割引になります。
例えばソフトバンクの「月月割」の場合、1GB(スマホ利用)では割引の対象とはなりません。

つまりデータ定額1GBを利用したいライトユーザーの方にとっては、非常に強力な割引サービスと言えるでしょう。そしてさらに指定機種の特別割引を組み合わせることでライトユーザー向けの格安料金が実現するわけです。

「特別割引」の対象機種

スマホデビュー割に加入し、ソフトバンク指定の機種を購入した場合は機種代金からの「特別割引」があります。

特別割引の対象機種と月額料金(2018年5月現在)
端末名 通常料金 特別割引 実質負担
iPhone8(64GB) ¥3,930 ¥1,430 ¥2,500
iPhone8(256GB) ¥4,690 ¥1,690 ¥3,000
iPhone8 Plus(64GB) ¥4,420 ¥1,420 ¥3,000
iPhone8 Plus(256GB) ¥5,190 ¥1,690 ¥3,500
iPhone SE(32GB) ¥2,700 ¥700 ¥2,000
Android One S3 ¥1,280 ¥280 ¥1,000
Xperia XZs ¥2,930 ¥1,930 ¥1,000
シンプルスマホ3 ¥2,480 ¥980 ¥1,500
AQUOS R ¥3,880 ¥1,880 ¥2,000
DIGNO G ¥1,280 ¥280 ¥1,000
対象機種は売り切り御免?

上の表を見ると特別割引の対象機種には発売して間もない機種は原則、含まれていません。

もうお気づきかもしれませんが、スマホデビュー割は、
売り切り御免の「端末在庫処分セール」
ではないかと考えます。

新機種が次々出るので在庫のある機種をスマホ初心者だけに格安で提供しよう!ということなのかもしれません。

ですので、対象機種のラインナップは時期によって入れ替わり、更新されています。つまりは在庫次第という事なのでしょう。特に最新端末にこだわらないよ~という方にとってはメリットの多いサービスではないでしょうか。

機種の持ち込みは可能?

機種の「持ち込み」とは端末を自分で用意して契約するというものです。

持ち込み用の端末は中古携帯ショップなどでソフトバンク機種(白ロム)SIMフリー端末を購入し入手します。当然その場合、月々の本体代金の支払いは必要ないので安く維持することができるというわけです。(持ち込み端末の購入費は当然かかりますが。。)

現在は持ち込み不可。とのこと

しかし残念ながら、スマホデビュー割は現在、端末(スマホ)持ち込みで契約することはできません。ただ「現在」と書かれているから、いつかは持ち込みOKになるのか?と期待してましたが、2018年6月28日で受付終了となるため、それまでに持ち込みOKになることはなさそうですね。。

併用できる割引サービス

「1,980円~」は機種代除外&おうち割を組み合わせた料金

冒頭でお話しした公式の「1,980円~」という表記は、そもそも機種代金が含まれていないので、スマホを購入した場合は実現しません。さらに「おうち割光セット」を適用した際の料金となっています。

おうち割光セット

ソフトバンク「おうち割光セット」は対象となるインターネット(固定回線)にスマホとセットで加入することで、携帯電話料金から割引を受けられるサービスです。

割引額は500円~1,000円/月で、加入するデータ定額プランによって異なります。

データ定額別の割引額
通話プラン データ定額 割引額(1人あたり)
スマ放題・
スマ放題ライト
データ定額1・2GB ¥500
データ定額5・20・50GB ¥1,000
ホワイトプラン パケットし放題フラット for 4G
料金イメージ図
¥1,000
パケットし放題フラット for シンプルスマホ ¥500

家族がソフトバンクユーザーであれば、1人につきそれぞれ割引を受けられるので、家族が多ければ多いほどトータルの割引額は多くなります。

ソフトバンク公式:おうち割光セット

下取りプログラムは利用不可

以前はスマホデビュー割で下取りプログラムが利用可能でしたが2017年6月30日以降は利用不可となっています。

2017年6月30日以降に「スマホデビュー割」が適用された場合、iPhone またはスマートフォンを下取り対象機種として本キャンペーンにお申し込みいただくことはできません。

料金シミュレーション

それではいよいよスマホデビュー割に加入した場合の料金シミュレーションです。

電話料金の構成(内訳)は、通話料+ウェブ使用料+データ通信料+機種代の組み合わせで成り立っている。という事を覚えておくと分かりやすいかと思います。

電話料金の構成

上記をふまえた上で料金例を見てみましょう。

ライトユーザー向けの料金

スマホであれば機種は問わない、通信もそんなに利用しない!という一般的なライトユーザー向けプランです。

Xperia XZs5分以内の通話無制限データ1GBおうち割なし
(税抜)¥3,480
通話料
スマ放題ライト
¥1,700
データ通信料
データ定額1GB
¥2,900
ウェブ使用料 ¥300
機種代金
Xperia XZs
¥2,930
スマホデビュー割(特別割引) -¥1,930
スマホデビュー割(基本割引) -¥2,420

標準的な料金

ミドルユーザーを想定した標準的な料金例。iPhone8で容量も5GBあり、通常利用であれば充分すぎる内容と言えるでしょう。

iPhone85分以内の通話無制限データ5GBおうち割なし
(税抜)¥7,080
通話料
スマ放題ライト
¥1,700
データ通信料
データ定額5GB
¥5,000
ウェブ使用料 ¥300
機種代金
iPhone8(64GB)
¥3,930
スマホデビュー割(特別割引) -¥1,430
スマホデビュー割(基本割引) -¥2,420

スマホデビュー割最安?の料金

おうち割を適用し、ライトユーザー向けのデータ1GBをチョイス。低価格にこだわった料金になります。機種代込みなのに格安SIMなみの価格に!

Xperia XZs5分以内の通話無制限データ1GBおうち割適用
(税抜)¥2,980
通話料
スマ放題ライト
¥1,700
データ通信料
データ定額1GB
¥2,900
ウェブ使用料 ¥300
機種代金
Xperia XZs
¥2,930
スマホデビュー割(特別割引) -¥1,930
スマホデビュー割(基本割引) -¥2,420
おうち割光セット -¥500

いかがでしたか?条件は限られますが、機種代金込み&通話定額でこの価格なら、むしろ格安スマホよりお得だと思います。

加入時の注意点

主な注意点をまとめました。

  • 加入時に下取りプログラムを利用することはできない
  • スマホデビュー割に加入した場合は「月月割」などの割引は対象外
  • 2年契約または2年契約フリープランへの加入が必須
  • スマホデビュー割加入後に対象外の通話料・データ通信料プランに変更した場合は特典が終了する

まとめ

スマホデビュー割は2つの割引を同時に受けることができ、ライトユーザーにとってはかなりの低価格でスマホを運用することができるサービス。

そして最新モデルではないけど、比較的新しい機種を格安で購入できる優秀なキャンペーンだと思います。

ただし2018年6月28日で新規の受付が終了となります。受付終了は残念ですが、それまでに加入しておけば継続して利用できますので、お早めに検討してみてくださいね。

終了後はスマホデビュー割の後継?として新料金「おてがるプラン」が提供開始します。

新料金「おてがるプラン」の解説はこちら。

スマホ・ケータイでより良い生活を。それではまた~。

Posted by nui